資産運用にも最適と注目を集めているのが、仮想通貨です。価格が安い時に購入し、高くなったら売るという形を取れば、売買差益を得ることができます。大暴落で大きなニュースになったこともある仮想通貨ですが、現在は持ち直し、また価格の上昇を続けています。そのため、短期間で売買差益を確定していくだけでなく、長期的な投資をしたい時にも、仮想通貨の活用を考えておくと良いでしょう。

ただ、仮想通貨を使った投資というのは、仮想通貨そのものを購入していく形のみではありません。仮想通貨ならではの投資法の一つが、マイニングです。仮想通貨の取引をブロックチェーンと言われる台帳に記載するためには、膨大な計算が必要となります。その計算を行う作業が、マイニングです。誰よりも早く計算を完了させた人は、報酬として未発行の仮想通貨を受け取ることができます。

マイニングは個人でも行うことが可能とされていますが、膨大な計算に耐えるだけのパソコンが必要となります。さらに、国内でマイニング作業を行う場合、想定外の電気代が必要となる上に、どれだけ作業に力を入れても計算速度が遅ければいつまで経っても報酬を受け取ることができません。それどころか、初期投資や電気代で赤字となるため、個人でマイニングを行うことは現実的な選択とは言えません。

グループを組んでマイニングを行うという方法もありますが、より手軽にマイニングによる報酬を手にしたい場合は、マイニングを行う業者に対し出資をするクラウドマイニングという方法が有効です。業者に任せる形を取れば、パソコンの準備や電気代で頭を悩ませる必要もありません。

個人で行うマイニングのように、発行された仮想通貨全てを受け取れる訳ではなく、報酬は出資者で分ける形になる上に業者への手数料も必要となるため、成功報酬は少なめとなります。ただそれでも、定期預金や積立預金よりも高い報酬を期待できる投資法として、高い注目を集めています。

そんなクラウドマイニングで資産運用をする際に、考えておいて損がないのが、複利の活用です。配当が出たら、そのまま出資に上乗せすることによって、効率的に資産を増やしやすい状態を作ることができます。思うように資産が増えないと感じることがあっても、複利を活用しながら根気よく投資を続けていくことで、資産を大きく増やせる可能性が高まります。そのため、クラウドマイニングをする際には、長期的な投資を意識しておくと良いでしょう。